サクラセブンズ(7人制ラグビー女子日本代表)の合宿が3日、弘前市で始まった。同日は、市運動公園球技場で歓迎セレモニーが行われた後、選手が地元の子どもたちと試合形式のゲームなどで交流した。日本オリンピック委員会(JOC)理事でもある市職員の齋藤春香さんから花束を贈られた桑井亜乃選手は「この素晴らしい環境で充実した合宿を行いたい。そしてワールドカップでベスト8に入り、2020年東京五輪でのメダル獲得につなげたい」と意欲を示した。
【写真説明】サクラセブンズの合宿初日は、選手と地元の子どもたちがタグラグビーなどを通して交流した

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。