五所川原市は1日、市として通算21作目となる2018年度の新作大型立佞武多「稽古照今(けいこしょうこん)・神武天皇、金(きん)の鵄(とび)を得(え)る」の下絵を発表した。立佞武多は今年運行20年の節目を迎え、18年度は新たなスタートを切るという意味で、神武天皇の勇壮な姿を表現する。
 新作の本体は11月から制作し、来年7月下旬に完成予定。
【写真説明】2018年度の新作大型立佞武多の下絵

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。