弘前市の豊田小学校(三浦正志校長)は10月28日、同校体育館で学習発表会を開き、同校6年生がオリジナル劇「弘前 未来都市物語」を披露した。児童たちは、弘前の歴史や魅力をユーモアあふれるせりふや振り付けで表現し、会場を沸かせた。
 オリジナル劇発表は、弘前の歴史や文化、風土を学ぶ「ひろさき卍学」学習の一環。児童たちは、この日のために4月から弘前の魅力や歴史について学習。はるか夢球場や弘前城の石垣修理工事現場を見学することで地元への理解を深めた。児童らがこの事前学習を踏まえて、ストーリーも考えた。
【写真説明】児童たちが会場を沸かせた学習発表会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。