弘前市の津軽塗技術保存会(岩谷武治会長)が30日、同市役所に葛西憲之市長を訪ね、津軽塗の国重要無形文化財指定と同保存会の保持団体認定を報告し、伝統技術を受け継ぐ人材の育成に決意を新たにした。
 津軽塗は2日付で国重文に指定され、同時に同保存会が保持団体に認定された。
【写真説明】津軽塗の国重文指定、保存会の保持団体認定を報告した岩谷会長(右)ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。