弘前市と大阪府泉佐野市は30日、相互に特産品の販売、観光PRなどを行う「特産品相互取扱協定」を締結した。泉佐野市には関西国際空港があり、葛西憲之弘前市長は「日本の玄関口である空港で情報を発信できる効果は大きい」と期待を込めた。
 両市は2015年度から、農業の担い手育成や若者の自立支援などに向けた「都市と地方をつなぐ就労支援カレッジ事業」に連携して取り組み、交流を深めている。
【写真説明】特産品相互取扱協定を結び、握手を交わす葛西市長(左)と千代松大耕泉佐野市長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。