世界の絶景を紹介する「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」公式カレンダー2018年版日本編の表紙に、弘前公園の花筏(いかだ)が採用された。プロデューサーの詩歩さんは「もっと多くの方に知ってもらい、そして現地に足を運んで、感動してほしいという思いで選ばせて表紙にいただいた」としている。
 18年版公式カレンダーは「世界編」「日本編」の2種類があり、世界編の表紙は「ドバイの雲海に突き出るビル群」、日本編は弘前公園の花筏が使用されている。
 18年版公式カレンダーは発売後、既に増刷しており、購入者からの反響も大きかったという。
 表紙に弘前公園の花筏が使用されたことに対し、弘前市は「大変ありがたいこと。花筏に対する人気は年々盛り上がっており、カレンダーを見て“行きたい”と思う方が増えてくれればうれしく思う」としている。
【写真説明】「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」公式カレンダー2018年版の表紙を飾った弘前公園の花筏(詩歩さんのブログから)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。