第38回県高校総合文化祭が27日、八戸市公会堂で総合開会式を行い開幕した。八戸市を主会場に三沢、青森、おいらせの3市1町の15会場で29日までの3日間、県内の高校生ら約5000人が19部門(先行開催の演劇を除く)で日ごろの活動の成果を披露し、互いに交流を深め合う。
 2日目の28日は青森市を除く13会場で14部門が行われる。
【写真説明】総合開会式の最後をダンスや合唱で締めくくる高校生たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。