28日から愛媛県で開かれる第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」に参加する本県選手団の結団式が26日、青森空港で行われ、選手や役員が大会での活躍を誓った。
 大会は30日までの3日間、愛媛県各地で行われ、全国から約5500人の選手、役員が参加。個人、団体競技で計13競技を行う。本県からは選手47人、役員26人が参加し、陸上や卓球など6競技に出場する。
【写真説明】決意表明する吉田知樹さん(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。