プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の青森ワッツは25日、青森市のマエダアリーナで岩手ビッグブルズとの第5節第1戦に挑み、最終クオーターで逆転勝利。73-69で待望の今季初白星を手にした。
 ワッツは第2クオーターで下山大地が連続3点シュートを決めるなど、一時10点差をつける猛攻を見せたが、この日も勝負どころでミスを連発。第3クオーターを同点で終え、最終クオーター終盤にはリードを許す苦しい展開に。それでも終了間際、下山大が相手ボールをスティールしてチャンスを引き寄せると、會田圭佑が逆転となる3点シュートを決め、辛くも逃げ切った。
 次節は27、28日、福岡市民体育館でライジングゼファーフクオカと対戦する。
【写真説明】第5節第1戦・青森―岩手戦 ワッツは最終クオーター、ジョセフ・バートン(中央)が鮮やかなレイアップシュートを決め、71-66と突き放す=マエダアリーナ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。