県などは25日、東北電力東通原発(東通村)の原子力災害を想定した防災訓練を行った。同原発から30キロ圏内の市町村や関係機関から約1500人が参加し、海路や陸路による広域避難、避難所の開設・運営、福祉車両を使った要介護者の搬送などに取り組み、万が一の事態に備えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。