弘前市のさくら野弘前店で24日、毎年恒例の催事「大京都展」が始まった。同店誕生15周年記念の節目に当たる今年は「京の桜特集」として桜にちなんだ商品も取りそろえ、初日から多くの買い物客が古都伝統の味覚や匠の技を求めて足を運んだ。同展は30日まで。
 25日は午前11時、午後1時、同2時半の3回、京都・先斗町の舞妓光はなさんが同店1階の特設会場で舞を披露する予定。26、27日には、初登場となる老舗和菓子屋出町ふたばの「名代豆餅」、フルーツパーラーヤオイソの「スペシャルフルーツサンド」を各日100箱ずつの数量限定で販売する。
【写真説明】初日から多くの買い物客が足を運び、にぎわいを見せた「大京都展」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。