県内を中心に活動するよさこいチーム「AOMORI花嵐桜組」(小野郁子代表)が仙台市で開催された大会「第20回みちのくYOSAKOIまつり」(10月7、8日)のコンテストに出場し、最高賞となる大賞に選ばれた。今回、弘前市鬼沢地区に伝わる鬼伝説を題材にした「『津軽 鬼伝説』~オニカラノ、オクリモノ~」でダイナミックな演舞で挑んだ。約150チームの頂点に輝き、8年ぶりの大賞を勝ち取った。
【写真説明】みちのくYOSAKOIまつりで鬼伝説を題材とした圧巻のパフォーマンスを披露し、大賞に輝いた「AOMORI花嵐桜組」(同チーム提供)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。