第48回衆院選は22日、投開票される。本県3小選挙区には自民、希望、共産と幸福実現から前職3人、新人7人の計10人が立候補。今回から広がった新たな選挙区を駆け回り、訴えを展開してきた。3選挙区ともに安定した政治の必要性を強調する自民党の候補者が序盤戦から優位に戦いを進めており、議席を独占する勢い。希望、共産など野党各党は政権批判を強めており、刷新を掲げて一角を切り崩そうと追い上げに懸命だ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。