今年度からニホンジカの本格的な捕獲を始める県は20日、具体的な捕獲計画を示す「県指定管理鳥獣捕獲等事業実施計画」の最終案を明らかにした。最終案では新たに白神山地周辺地域(西目屋村、鯵ケ沢町、深浦町)での捕獲を盛り込んだ。計画案は11月に策定する見込み。箱わなを使い、最低8頭を目標に、年内に捕獲を始める方針。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。