学生の自由な発想をまちづくりに役立てようと、板柳町は16日、明治大学と弘前大学の学生を招いた初の意見交換会を町ふるさとセンターで開いた。学生たちは農業問題などを議題に討議し、アイデアをまとめた振興策などを発表した。
【写真説明】意見交換には町職員や大学教授らも同席し学生の自由な発想に耳を傾けた

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。