古城を錦の衣で包み込む弘前城菊と紅葉まつりが20日、弘前公園内の弘前城植物園で開幕する。祭り開幕を間近に控えた18日夜、会場となる公園で夜間の試験点灯が行われ、祭り関係者や業者ら約10人が投光器の位置やライトの色合い、見え方などを調整し迫る本番に備えた祭りは11月12日まで行われる。
【写真説明】20日の祭り開幕を前に、関係者が試験点灯を実施。本丸では弘前城天守とリンゴアートが宵闇に映えた=18日午後6時40分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。