平川市は今年度から2年間で全職員を認知症サポーターとして養成する。今年度は健康福祉部の職員約70人(臨時職員を含む)を対象とし、17日に養成講座をスタートさせた。
【写真説明】講座を受ける健康福祉部職員

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。