2014年から段階的に進んできた弘前市役所本庁舎の改修工事が終わり、16日、リニューアルオープンした。本庁舎の外観は近代建築の巨匠・前川國男の設計当時と変わらない趣あるたたずまいを残し、内部には耐震壁を入れて補強した。リニューアルに伴い、市役所本館は「前川本館」、同新館は「前川新館」、免震工法で建てられた新庁舎は「市民防災館」と新たに名付けられた。
【写真説明】関係者が前川新館1階でテープカットを行い、新たな庁舎の門出を祝った

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。