鯵ケ沢町の海の駅「わんど」内にある鯵ケ沢相撲館のオープン15周年を記念し、同館で15日、「町歴史・文化講座」の一環として、青森市在住の相撲史研究家・今靖行さんによる「大相撲よもやま話」と題した記念講座などが行われた。来場した約60人はユニークなうんちく満載の話に聞き入った。
 町歴史・文化講座は、町教育委員会が毎年主催。初回の今さんの講座だけ、同館を管理する町観光協会と共催で、公開講座として行われた。
 2回目以降の講座は町中央公民館が会場となり、事前申し込みと500円の受講料が必要となる題目は「写真と映像で見るわが町・あの日・あの時」(20日)「鯵ケ沢と西浜街道」(27日)「好奇(後期)高齢者として生きています」(11月3日)で、それぞれ午後6時から7時30分まで。
 申し込みは町教委教育課社会教育班(電話0173―72―2111・内線433、ファクス0173―72―2859)へ。
【写真説明】相撲にまつわる、ユニークな逸話などを披露した今さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。