プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の青森ワッツは15日、青森市のマエダアリーナで福島ファイヤーボンズとの第3節第2戦に挑んだが78―87で敗れ、開幕から白星なしの6連敗を喫した。
 ワッツは序盤、身上の前からプレスをかけるディフェンスを駆使。その後も安定した試合運びで第3クオーターを2点のリードで終えた。しかし最終クオーター、要所でターンオーバーなどのミスが頻発して好機を逸すると、ずるずると点差を離され痛恨の逆転負け。
 次節は21、22日、三沢市国際交流スポーツセンターで秋田ノーザンハピネッツを迎え撃つ。
写真説明【第3節第2戦・青森―福島戦】ワッツは最終クオーター、ジョセフ・バートン選手(左)がシュートを決め、63―62とする=マエダアリーナ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。