第70回秋季東北地区高校野球大会は13日、福島県のあづま球場で開会式を行い、開幕した。初日は1、2回戦4試合が行われた。本県第1代表の青森山田は三回に長尾凌弥の2点本塁打で先制したが、五回に利府(宮城第2代表)に逆転を許してしまう。最終回に猛追するもあと一歩及ばず、初戦で敗退した。本県第3代表の光星は16安打9得点と打線が火を噴き、一関学院(岩手第3代表)をコールドで下した。第2日の14日は2回戦6試合が行われ、津軽勢は本県第2代表の弘前東が出場。由利工(秋田第3代表)と8強入りを懸けて対戦する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。