大鰐小学校の児童たちが7日、東京・飯田橋の本県アンテナショップ「あおもり北彩館東京支店」で自ら栽培した野菜などの販売体験を行った。
 体験は地域おこしグループ「OH‼鰐 元気隊(八木橋綱三隊長)が、子どもたちのキャリア教育、古里教育の一つとして毎年この時期に行っているもので、今年で9回目となる。
 今回は6年生の男女8人が「元気隊キッズ」として参加。開店前に朝礼、あいさつ・名刺交換の練習を行い、先輩から受け継いだそろいのバンダナ、エプロンを着けて売り場に立ち「大鰐高原の野菜、リンゴいかがですか」と道行く人に呼び掛けた。
 販売体験は8日も行われる。
【写真説明】自分たちが作った野菜などを販売する、大鰐小6年生の元気隊キッズ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。