県内農家が労働力不足を感じる割合は約47%に上ることが6日、県の調査で明らかになった。人口減少や高齢化の背景から、今後の労働力確保に不安を抱く生産者は5割を超える状態。農産物では農作業の機械化が困難で作業が多いリンゴが最多で、津軽地域では7割を超えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。