3年目の市場販売を迎える県産米「青天の霹靂(へきれき)」の宣伝活動をするPR隊の出陣式が6日、県庁で行われた。全国で新米が一斉に発売される7日を翌日に控え、隊員14人が「消費者に米のうまさを伝えたい」などと意気込みを語った。
 今年は食味を前面に押し出すコピー「こんにちは、さっぱり」を軸に宣伝活動を実施。県内外の百貨店などで試食販売をするほか、関西圏では初の単独PRイベントを行う。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。