中南地域県民局地域連携部は5日、地元企業との対話を高校生の就職活動に役立ててもらう「『対話』による高校生と地元企業の理解促進事業」を、五所川原工業高校(三上浩校長)で行った。業務内容など幅広い話題で話し合い、生徒たちが見識を深めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。