農作業中の事故が弘前市内で近年多発していることから、市は4日、リンゴの中生種、晩生種の収穫作業が本格化するのを前に、関係機関・団体と連携して市内一円のリンゴ園を巡回する「秋の農作業安全パトロール」を実施した。参加者は事故防止に向け、農家に安全確保を徹底するよう呼び掛けた。市内では今年、これまでに3件の農作業死亡事故が発生している。
 中南地域県民局によると、今年(9月末現在)は同県民局管内で6件の農作業事故が発生。うち5件が死亡事故となった。事故はいずれもリンゴ園で発生している。
【写真説明】リンゴ農家に安全対策の徹底を呼び掛ける参加者

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。