平川市の猿賀神社で3日、3日間にわたる十五夜大祭が始まった。初日は県下獅子踊大会が開かれたほか、宵宮祭も行われ、参道などに多くの出店が軒を連ね、市内外から集まった人たちでにぎわった。
【写真説明】津軽一円から集まった各団体による獅子踊りが披露された県下獅子踊大会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。