民進党が希望の党へ合流する動きを受け、民進党県連幹事長で衆院選本県3区に立候補予定の山内崇氏(62)、2区に出馬を予定する同党の工藤武司氏(45)が2日、相次いで希望へ公認申請する考えを明らかにした。同日までに民進の3氏がいずれも希望への公認申請を表明。衆院選公示日の10日まで1週間と迫り、県内の選挙戦の構図がおおむね固まった。本県の3小選挙区は1、2区が自民、希望、共産の前職・新人3氏が、3区は3党に幸福実現党を加えた新人4氏で議席を争う見通し。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。