東北社会人サッカーリーグ1部のブランデュー弘前FCは1日、宮城県松島町の松島フットボールセンターで行われた第18節で、同リーグ無敗のCobaltore女川(宮城)とのアウェー戦に臨んだ。緊迫した展開が続く接戦となったが、ブランデューは2―1とリードを守り切り、2017シーズン最終節を白星で飾った。
 チームは今季をリーグ3位(11勝4敗3分け、勝ち点36)で終えた。前半戦の負けや引き分けが影響し昨季より順位を一つ下げたが、後半戦は8勝1分けと好調。来季に期待ができる活躍を見せた。1位はCobaltore女川(16勝1敗1分け、勝ち点49)だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。