衆院の解散から最初の週末を迎えた30日、県内の小選挙区では候補予定者が街頭演説を行ったり、会合に顔を出したりするなどして、10月10日公示、同22日投開票の衆院選に向け、本格始動した。今回の衆院選から新たな区割りとなることを受け、この日は多くの立候補予定者が新たに加わったエリアに足を運び、知名度向上と支持拡大に奔走した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。