民進党の新党「希望の党」への事実上の合流が決まってから一夜明けた29日、民進公認で衆院選に臨む予定だった本県1区の升田世喜男氏、3区の山内崇氏はともに区割り変更で新たに選挙区に加わった地域で活動した。両氏はこれまで、共産、社民両党との野党共闘を模索してきた経緯もあり、希望へ合流するかは熟慮するとした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。