弘前市内の工務店6社が29日、地域になじむ家づくりを目指す勉強会組織「TSUKURIE弘前」を発足させた。津軽の環境に適した家づくりができる地元工務店の強みを伸ばすため互いに協力切磋琢磨(せっさたくま)して技術の向上などを図る。同市小比内の分譲地に6社がモデル住宅を並べて建て、来年4月末から合同見学会も開く予定。
【写真説明】「TSUKURIE弘前」に参加した工務店6社の代表ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。