鶴田町で、生産量が日本一のブドウ「スチューベン」の収穫期を迎えた。観光ブドウ園が10月1日から町内5カ所で開園するのを前に、29日は同町のつるのこ保育園の園児約25人が一足早い収穫を体験し、芳醇(ほうじゅん)な味わいに笑顔を見せた。
 観光ブドウ園は10月22日まで。問い合わせは鶴田町観光協会(電話0173―22―3414)、道の駅つるた「鶴の里あるじゃ」(電話0173―22―5656)へ。
【写真説明】たわわに実ったスチューベンを収穫する園児たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。