みちのく銀行(高田邦洋頭取)は28日、同行黒石支店で手話講座を開いた。同行は「黒石市手話言語条例の推進に関する連携協定」を同市と結んでおり、手話講座は協定に基づく取り組みの第1弾。講座は来年3月まで4回行う予定で、聴覚障害への理解を深めることにより行員の接客の質向上を目指す。
【写真説明】あいさつの手話に挑戦する参加者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。