民進党が新党「希望の党」に事実上合流する動きが27日、突如浮上し、同党県連の関係者は「何も情報が来ていない」「寝耳に水」と語るなど驚きが広がった。これまで前向きに調整していた県内の野党連携にも影響を与えるとみられるが、今後の見通しは不透明。一方、県内の自民党関係者からは一定の影響は懸念しつつ「逆に引き締められる」「自分たちの選挙をやるだけ」との声が上がった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。