つがる市の車力漁協(尾野明彦組合長)は27日、市役所に福島弘芳市長を訪ね、同漁協の「十三湖産大和しじみ」が「地理的表示保護制度(GI)」の対象に登録されたことを報告した。
 GIは生産地の特性が品質などの特性に結び付いている商品の名称を登録することで、知的財産として国が保護する制度で、県内では3団体目。十三湖で採れる十三湖産大和しじみでは2団体目で、車力漁協は今月15日に登録された。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。