安倍晋三首相が28日召集の臨時国会冒頭で衆院解散に踏み切る意向を表明したことを受け、県内各政党も総選挙に向け、臨戦態勢に入った。25日は自民党の市町村支部などが相次いで会合を開き、候補者調整の事実上の決着を受けて選挙態勢を確認。陣営からは活動を活発化させている他党に対し「出遅れている」と厳しい声も上がった。一方の野党各党は「保身のための解散だ」と批判のボルテージを上げ、次期衆院選での野党連携の実現に前向きな発言が相次いだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。