安倍晋三首相が25日の会見で衆院解散・総選挙を表明したことに対し、県民からは「解散の大義名分が分からない」「何を問う選挙なのか」など批判的な意見や戸惑いの声が相次いだ。北朝鮮情勢が緊迫する中、衆院解散で「政治空白」が生じることへの不安の声も聞かれる一方、選挙を通じて安全保障問題など政治課題の議論が深まることを期待する有権者もいた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。