鯵ケ沢中学校(長尾篤仁校長)は22日地元のことについて理解を深める野外授業「白神学習」を行い、参加した1年生51人は、1945年に町で発生した、国内最大級の雪泥流災害などについて理解を深めた。
【写真説明】「佐内沢の岩山」の前で、中田書矢総括学芸員(右)の話に聞き入り、災害について知った生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。