秋季県高校野球選手権大会兼第70回秋季東北地区高校野球大会予選会は最終日の24日、はるか夢球場で3位決定戦と決勝が行われ、青森山田が2年連続8度目の優勝を果たし、弘前東は準優勝となった。光星は八戸高専に勝利し、東北大会の出場権をつかんだ。
 弘前東は0―2で迎えた八回、敵失に付け込んで1点を返すも、追い付くことはできず青森山田に惜敗。光星は1点リードされ迎えた五回に一挙4得点で逆転し、八戸高専を下した。
 東北大会の組み合わせ抽選会は10月3日に福島市で開かれ、大会は同13日から同市のあづま球場と郡山市の開成山野球場を会場に行われる。
【写真説明】決勝・弘前東―青森山田戦 弘前東は1―2の8回、二走長浜輝(中央)が本塁生還を狙うも憤死となり、同点機を逃した=はるか夢球場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。