本県在来種の枝豆である「毛豆」のブランド化を目指す青森毛豆研究会(大浦雅勝会長)は22日夜、弘前市の津軽弘前屋台村かだれ横丁で「最強毛豆決定戦’17」を開いた。津軽地方の生産者が丹精込めて育てた毛豆を出品。審査の結果、グランプリに田舎館村の福士茂さん(67)の毛豆が輝いた。
【写真説明】生産者が丹精込めて育てた自慢の毛豆を食べ比べる審査員

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。