平川市の猿賀神社(山谷敬宮司)は22日、近くの神饌田(しんせんでん)で「苅穂祭(かりほさい)」を行った。地元の猿賀小学校児童ら早乙女、奉仕者が古式ゆかしい白装束姿で黄金色に実ったもち米「あかりもち」を丁寧に刈り取り、出来秋に感謝した。
【写真説明】黄金色に実った稲を刈り取る早乙女、奉仕者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。