弘前市は21日「弘前城菊と紅葉まつり」(10月20日~11月12日)の開催に合わせ、弘前城本丸の天守横に展示する「リンゴアート」の概要を発表した。東洲斎写楽の浮世絵「三世大谷鬼次(さんせいおおたにおにじ)の奴江戸兵衛(やっこえどべえ)」を、約3万5000個のリンゴによる縦17メートル、横9メートルのモザイク画とするもので、10月20~29日に展示予定。日本最大級のリンゴアートで誘客促進を図る。
【写真説明】リンゴアートで描かれるデザインの原画「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。