霊峰岩木山に五穀豊穣(ほうじょう)などを祈願する「お山参詣」は20日、最終日の朔日山(ついたちやま)を迎えた。今年は、同日未明から山頂付近に雲がかかるあいにくの天候だったが、日の出の時間帯には雲間から赤々としたご来光が姿をのぞかせた。曇り空に気をもみながら山頂で2年連続となるご来光を待った参拝者ら約300人は、太陽が現れると歓声を上げ、写真に収めたり手を合わせたりして喜びを分かち合った。
 【写真説明】曇り空の隙間から現れた2年連続のご来光に、参拝者から歓声が上がった=20日午前5時27分ごろ、岩木山頂

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。