本格的な生産開始から3年目を迎えた県産米「青天の霹靂(へきれき)」の今年産初となる品質検査が20日、鶴田町などの農協倉庫で行われた。同町では検査を受けた玄米全量が最高水準の1等米と認められ、10月7日の全国一斉販売に向けて準備が整いつつある。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。