弘前大学と柏崎青果(おいらせ町)などは、県産ゴボウを熟成させた「黒ごぼう」と、北海道産黒豆を使ったペットボトル飲料「だぶる黒茶」を19日、新たに発売した。だぶる黒茶は、人気が高まっているノンカフェイン商品であることに加え、ポリフェノールを豊富に含み抗酸化作用を持つ。取り扱いは東北地域のスーパー、ドラッグストアなど。
 【写真説明】新発売された、黒ごぼうと黒豆を使った「だぶる黒茶」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。