青森市議会は19日、地方自治法100条に基づくアウガ問題調査特別委員会(百条委員会)を開いた。これまでの調査の結果、アウガの飲食店の改装工事について補助金の交付決定前に事前着工していたことや、地下店舗のスプリンクラーの移設・増設工事がなされていなかった可能性が極めて高いことなどが明らかになり、市議会定例会最終日に報告予定の中間報告書に盛り込むこととした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。