大型の台風18号が18日、本県に最接近し、県内は強い風が吹き荒れた。観測史上最大となる最大瞬間風速41・7メートルを記録した八戸市では2人が軽いけがをし、青森市や八戸市など18市町村で9697戸が停電、新幹線や空の便に運休や欠航が生じるなど各地で影響が出た。県災害警戒本部の午後4時現在のまとめでは、住宅の一部損壊が38棟に上り、むつ市で避難勧告を出された5人を含む10市町の73人が自治体の開設する避難所に一時避難した。
【写真説明】倒木が相次いだ鯵ケ沢町。道がふさがれるといった被害が出て、町職員らが対応に追われた=18日午後0時30分ごろ、同町建石町

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。