深浦町の児童・生徒たちが15日、同町の十二湖・ブナ自然林遊歩道で、白神山地周辺の流倒木を加工した「ウッドチップ」を敷設する活動を行い、観光振興などのために汗を流した。
【写真説明】ウッドチップを協力してまく子どもたち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。