東日本大震災を機に、県内でも一般住宅の耐震化促進に力が入れられる中、弘前市では木造住宅の耐震改修促進事業として、上限82万2000円(対象経費の23%)の補助制度を活用した建て替えが、県内で初めて実施される。市は「まだあまり知られていない制度だが、耐震化率向上につなげられれば」と活用を呼び掛ける。
 【写真説明】窓部分の大きさが耐震性を弱めていた井澤秋雄さん宅

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。